コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久方ぶりです!!本日は3月31日だと言い張ります!
アキサメです。皆様いかかお過ごしでしょうか?

アキサメは、もう4月だというのに連日の寒さと雪交じりの雨にやられています。一時の暖かさはどこへ……(遠い目)
来週からは暖かいそうなのでそれに期待したい所です。

さて、4月といえば桜咲く入学式!
と行きたいこ所ですがTVの番組的には新番組目白しの月であります!
今年度も面白そうな漫画が色々とアニメ化されますね!!

……というわけで、本日ご紹介の漫画はテレビ東京系列で4月4日25時からアニメがスタートする……
【エア・ギア】
エアギア1

週刊少年マガジンを代表する作品と言っていいでしょうか?
(アキサメはエアギアとKYOしか買ってません;;)
3月17日に発売された新刊13巻限定フィギュアをGETした人も多いはず!w
それでは行ってみましょう、鳥となり空を翔る夢を持つ熱い少年の物語です。
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
主人公 南樹(ミナミイツキ 通称イッキ)は東中最強ベビーフェイスと呼ばれ、東中ガンズを取り仕切る中学生。
俺最強!喧嘩上等!のイッキ。
しかし、情は厚い!
そんな熱い男のベビーフェイスは、頭に鳥のクゥを飼い鳥を寄せ付ける特徴を持つ不思議な魅力あふれる少年だ。

しかし、東中を取り仕切るそのカリスマ性を発揮する一方で、幼馴染の野山野林檎(ノヤマノリンゴ)の家に下宿する苦労人である。
野山野家四姉妹と生活を共にするイッキの地位は低い。
林檎以外の姉妹からはほぼ下僕と同等の扱いを受けており、長女梨花(リカ)の職業、次女蜜柑(ミカン)の性格上、軽いサンドバッ……もとい手厚いスキンシップの元健やかに育てられている。

そんな、平和とも穏やかとも言い難いが、楽しい日々は……突如として最悪な終焉を迎える。
世間を騒がせる暴風族(ストームライダー)、髑髏十字軍(スカルセイダース)によって。

暴風族とは【エアトレック】という特殊なジャンプシューズを用いて活動する集団であり、イッキ率いる東中ガンズと同じようなチームである。
しかし、エアトレックを用いた際の可能性は計り知れず、街を高速で駆け、壁をも登り、空を翔ける……その性能から生み出される様々な能力は人間の能力を超え、善悪・暴力非暴力にかかわらず大きな力を持つ。

そんなエアトレックを用いたチームを相手にイッキ率いる東中ガンズが敵うわけもなく……チームおよびイッキの心をズタズタに引き裂く程の『負け』をきすことになる。
そこで否応なしに気づかされる……なんと人の心の弱いことかと。

そんなイッキを励まそうと、林檎が渡した【エアトレック】。
最初は混乱するイッキだが、林檎たちの気持ちを知り、仲間たちの本当の気持ちを知り……自分が東中ガンズ最強にして最後の希望である事を感じる。
なんと……人の心の温かいことか……。
ならば、その期待に答えねば。
拗ねるだけじゃはじまらない、見ない振りをしても始まらない。
同じ土俵に立って勝負してこそ、勝負の決着が着くというものだ。

そんなイッキを尻目に、好き勝手を行う髑髏十字軍に対して、伝説の暴風族 眠れる森(スリーピングフォレスト)が立ちはだかり、正義の鉄槌を下す。

***

一連の事件の解決後、エアトレックの魅力に嵌ったイッキの、イッキ自身のエアトレックとの長い物語が始まる!!

クレイジーでデンジャラスな、街を駆け、空翔る少年たち!
そんな少年たちのクレイジーな物語を春一番の風速そのままに読みふけってみてはいかかでしょうか?

-----------------------------------------------------------------
【エア・ギア】1~13巻 講談社 講談社コミックス
著:大暮維人
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
こんばんは、おひさしぶりですハルサメです。
お前書かなさ過ぎだろうってツッコミがどっかから来る前に自分でツッコミ!
お前最近書かなさ過ぎだろう!うん。許せ。
そんな訳でも何も無いですが、今回はハルサメ最終回です。言うなればラストディスカバリー。人外魔境の未踏の奥地から貴方に神秘をお届け。ゴメン嘘。
最後だからってテンションも適当すぎます。さあ行ってみよう漫画紹介。

【魔人探偵脳噛ネウロ】
脳噛ネウロ


**********************************************************************

ある日突然実の父親を何者かに殺された女子高生、桂木弥子(かつらぎ やこ)。
殺した犯人も分からず、謎と悲しみに混乱し泣く弥子の元に突然声が聞こえる。

「貴様は泣くのではなく笑うべきだ」

「至近距離に美味しそうな『謎』があるのだからな―――」

そんな言葉と共に現れる異形の男、《脳噛(のうがみ)》ネウロ
自分の事を『謎』を喰って生きている魔界の生物だと言う彼は、魔界の謎を喰い尽したが為人間界に来、協力者が必要だといって弥子を連れ出す。
「『謎』の美味さを教えてやる」
こうして表向きの探偵役にされた弥子と、助手を装う謎を喰う魔人ネウロの『謎』を求め、喰らう日々が始まった。

この漫画のジャンルは何かと言うと、作者さまご自身も一巻の帯裏で言っているように、これは「推理漫画の皮を被った単純娯楽漫画」です。
読んでる人に推理なんかさせません。トリックを暴くのに必要な仕掛けは全部ネウロの頭の中。調べるのも魔界777ツ道具という謎便利道具でバカバカ証拠集めちゃう。「犯人はお前だ!」って言った後で今までの話の中に一切出て来なかった証拠とか証言とかバンバン出てくる。犯人はカンで当てたらいいの心意気。いっそ漢(おとこ)らしい

なら何が面白いんだよテメエって言われそうですね。実は私も最初にジャンプでこの漫画見たとき結構眼中にありませんで した…!(汗)
読みきりの時と新連載の時、二回とも何か「ふーん」で終わってたんですよね。
正直絵も独特すぎて好みではなかったし、気がついたらジャンプの読み飛ばしリストに名前を連ねていました(何)。

しかしネットとかで私が見る限りは、ずっと評判が良かったんですよ。読みきりの時から連載開始を喜ぶ声とかそこかしこで見ましたし、連載中も良い評判を沢山聞きまして。
それで結局気になって単行本を買ってみたら、やっぱり1巻は「ふーん」で終わったんですけど、何か2巻あたりからその、吾代(ごだい)とかアヤとかあかねちゃんとか畳みかけてきて、その、
お、おもしろいじゃないの……
という結論に至りました。そんな訳で個人的には1巻で結論出さず2巻以上読んでみて欲しい心持ち。何かその、不思議な魅力がある。

まず主軸のネウロ。ドS。ことあるごとに弥子を微生物扱いで、笑顔で罵ることを忘れない。
天井が好きなのか、彼が天井とか壁とかから物凄いパースをつけて立ってる姿は素敵。
推理物の探偵役としてはありえないくらい犯人の動機に興味が無いのが面白い。傍若無人ないつもの態度と、『助手役』に徹している時のエセ紳士(?)っぷりのギャップも面白い。
「さ、お逃げなさい」って、お前はどこの王侯貴族か(きゅん)(ときめく音) それにしても異様にあかねちゃんに優しくないかこの男 とか最近思ってるんですが。どうなんですかそこんとこ(聞くな)。

次にヒロイン…と言って良いのかどうか迷うくらい可哀想な扱いを受けている弥子。
でも最近その扱いに慣れきっているあたり面白い。一見普通の子かと思いきや食欲大魔神で、意外と大物。ネウロが謎解きなら、弥子は心情担当。ただしいずれ。この二枚板は堅いぜ。ときめくぜ。
今週は悩んでいた先々週から心機一転、心情担当らしさが垣間見えそうでドキドキでした。

で、個人的に一押しなのがこの二人のスキンシップ(といいはる)。
弥子がネウロに口に手突っ込まれたり投げられたり捻られたりテレビ投げつけられかけたり、そんなスキンシップが未然に終わると舌打ちですよあの男!
関節きめたりする時とか含めボディタッチ意外と多かったり、気がついたら慰安旅行で二人(+秘書)で温泉いったりあまつさえ同じ部屋で寝たりとか、冷静に考えると何このカップルって感じなのに一切合財色気の漂わない二人。惚れる。

サブキャラも魅力的。一押しあかねちゃん。いっさい喋らない上表情無いのにあの可愛らしさは反則だと思う。超ローテンションな、やる気ないし無表情無愛想で感情見えないけど何だかんだでいい人…というか不思議な魅力のある笹塚刑事とかも。何気に弥子に優しい兄貴っぽい所にときめきますね!吾代も好きなので5巻が楽しみー。

そして犯人。
この犯人は毎回トリックを暴かれると異様な《変身》をします。これは一見異常に過剰な人間表現に見えるけど、その過剰とも言える変貌は漫画に許された表現を最大限に使った結果で、犯人の悪意や心情を思い切り伝えてきます。これも癖になる。どんな変貌するのかとかワクワクもします。

犯人含め、作者さんは人間描写が面白いと思います。これは事件に至る人間と、その周りの人間の心理描写に重きを置いているために推理が必要ない推理漫画なんだなあとか思ったりします。いや推理してないから推理漫画じゃないんだけど。
そういった人間の闇とか黒い思いとかの重い部分表現と、深刻なところをさらりとコミカルに見せる所、独特な表現技法、色んな要素があいまってこの漫画は今までにない独特な面白さを発揮していて、そう言う所が多くの人を魅了していると思います。
同時に癖があるので大衆向けとは言えないかもしれませんが、好きな人には物凄くツボをつく漫画です。一度是非お試しあれ!

**********************************************************************

そんな訳でハルサメのコミック紹介を終わります!
今までありがとうございました、今後も皆さんじゃんじゃん漫画読んでください。当然ハルサメも読みます。漫画大国日本万歳。
もし漫画を読みたくなったら何時でもコミックバスターへ。面白そうな漫画をチョイスして、内容確認して面白いと思ったらあとで自分で買っても良し、そのまま読んでいくも良し。
皆様が快適な漫画ライフを遅れることを祈っております。
それでは今後もコミックバスターをご贔屓に~!

-----------------------------------------------------------------
【魔人探偵脳噛ネウロ】 1~4巻 集英社 JUMP COMICS
著:松井 優征
-----------------------------------------------------------------
皆様こんにちはアキサメです。
今年は花粉が少ないはずなのに、花粉に苦しみだしたアキサメです。皆様いかかお過ごしでしょうか?

さて、アキサメはやりました!!
ついにやりました!読み出して早二月!!
読みました、読みました!!『極東学園天国』!!!

日本橋ヨヲコ先生――――!!
私はあなたの信者になりそうな勢いですm(_ _)m
なにとぞ宜しくお願いいたします。

というわけで、ずーーと前から読んでいましたが、やっとこさ読み終わった全4巻。
本日ご紹介の漫画は、
【極東学園天国】
極東学園天国

知る人ぞ知る……というかもう皆様知っていらっしゃいますかね。
ハルサメさんが崇拝(?)していた日本橋ヨヲコ先生の学園物語です。
まだ数作品しか読んだ事の無い身で失礼ですが、日本橋先生節炸裂のこの作品。
なんといいますか『うっわ―――――――――――(&寒気?)』を感じたい方は是非読んでみてください。
高校生~大学生、大人と子供の狭間で行く末を探すお人にはおすすめの作品です。
(*ちょっとエロ要素もあるので、苦手な人はご注意をw)
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
シンゴ……
牢獄にも自由がある。「考える」という自由がね。
その時に見えるんだよ本当の色が。
生きていると実感する「色」を見ておいで……

主人公である平賀信号(ヒラガシンゴ)はとーちゃんのこの言葉を聞き、舞台となる五色台学園へとやってきた。

ここ五色台学園は問題児・不登校児でも強制的に学校に行かせるべく、全寮制を取り入れた私立学校である。
時代は高校までが義務教育となったちょっと未来か……違う世界か。
とにかく私立と国公立の勉学への取り組みの格差や、内情が極端に現れた時代。
ここは国公立の……規則や枠組み、勉強から逸脱した者達の集う場所。

シンゴを迎えたのは、「自由」という名の「厳しい現実」。

入学初日に出会った少女は、「万引き」を行い、
同少女の友人は「売春」に応じようとする。
……彼女らの友人である「拒食症」の少女を思うあまりに。

そうさせた事態は、一部の学生の「食券の買占め」。
まともな食事を取りたければ、その学生に媚びへつらうか、高額な金を払うか……。
これが「自由」故の「結果」。
……食券を仲良く分け合う理由もそれを利用し利益を得てはいけない理由も無ければ、自由の元それは行われる。
残された生徒も「媚びへつらう」か「金を払う」か「まともな食事を得ない」か……或いは他に「何」かするのか、その「選択」の「自由」を許されている。

「自由」は平等……その名の下「何」を行使するかの違いだけ。

そうこうしていくうちに、事態は変わる。
「自由」の名の元に……食券の優先権を賭けての学年対抗【戦争ごっこ】

さーーーって、この結末やいかに??

中からは外に出られないが、自由な学園……裏を返せば自分のすべては自分でどうにかしなければならない、現実の実習所。
外からは、問題児の巣窟と罵られるものの、ほかの学校では適応できなかった問題児・不登校児の最後の砦。
そんな「自由」と「現実」の狭間。
それぞれが望む生き方は許される「天国」のような、それを背負わねばならない「現実」のようなその場所で、
シンゴが見つけた「色」とは?


***

未来を見据えたくてもがいている人、そんな青春を思い出したい人、こんなのありえない、所詮漫画だと思いながらも憧れを抱く人。
是非是非読んでみてください。
きっと心震える【何か】がそこにあるはずです。

<補足>
紹介文がやたらとシリアスになっちゃいましたが、そうでもない。
ギャグ・エロ満載!はちゃめちゃ上等!!
日本橋先生のかもし出すリアルな部分は何かと突き刺さるけど、シリアス過ぎない展開が、現実離れした【彼ら】を身近に感じられる重要なファクターだったりする作品です。
どうぞ、楽しんでください!!
-----------------------------------------------------------------
【極東学園天国】 全4巻 講談社 ヤンマガKC
著:日本橋ヨヲコ
-----------------------------------------------------------------
皆様こんにちは、アキサメです。
今日はまた一段と寒かったですね……めったに雪の降らないアキサメの住む地でもパラパラと粉雪が舞っておりました……。
昨日との温度差-10℃……皆様風邪を引かぬようお気をつけください。
当たろうと当たるまいと、前日に天気予報は見ようと思うアキサメです。

さて、今月に入ってすぐジャンプの新刊が色々と発売されましたね~
アニメ化されてる「ブリーチ」とかvv
しかし、アキサメは見つけてしまいました……本当に待っておりました。
お会いしとう御座いました!!富樫義博先生!!!

HUNTERxHUNTER23巻発売ありがとう!!vvv
……なんですが、このブログでは紹介していない作品なので、紹介しようと思います。
というわけで、本日ご紹介の漫画は、
【HUNTERxHUNTER】(ハンター試験編)
HXH

アニメ化もされたHUNTERxHUNTER、ご存知の方が多いことと存じます。
アキサメは幽☆遊☆白書世代なので、富樫先生の作品はこっちの方が最初ですvv(大好きですvv)
幽白からレベルEを通過してHUNTERxHUNTERへ
……単行本化、本誌の掲載のレア度が玉に傷ですが(そこは言わないお約束vv)
ものすごく好きな漫画家さんであります!!
もうご存知の方が多いとは思いますが、あえて紹介させていただきましょう。なんてったって23巻発売記念ですから!!
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
「珍獣・怪獣」「財宝・秘宝」「魔境・秘境」
【未知】という言葉が放つ魔力。
その力に見せられたやつ等がいる。
人は彼らを……【ハンター】と呼ぶ。


主人公であるゴン(12)は、死んだときかされていた父親が【ハンター】であると知り、その後を追うように【ハンター】になる事を望み旅に出る。
育ての母であるミトの反対を押し切って。
そして、「父に会える」と信じて。

【ハンター】とは簡単になれる者ではない。
【ハンター】である彼らには、非常に優遇された環境が用意される。
【ハンター】の証である、ライセンスカード。
このカードがあればほとんどの国はフリーパス。
公共施設はタダ(一部資格が必要)。
……と、まぁ破格の待遇を受けることができる。

それ故に志望者も多く、【ハンター】になれるものは少ない。

それを判別するのが【ハンター試験】!!
ハンターに成りたい者が通る難関である。
1/10000
三年に一人……これが何を意味する言葉かわかるだろうか??

1/10000……ハンター試験会場にたどり着ける人の割合。
三年に一人……新人がハンター試験に合格する確立。

十数万倍といわれるハンター資格試験合格の切符。
それを目指して始まったゴンの旅は始まった。

試験会場に行く間にであった、レオリオとクラピカという仲間と一緒に。
試験会場で、試験会場までの道のりで試されるのは、豊富な知識と判断力、経験、ハンターとしての適正。
その何かが合格点に足りないものは、脱落する厳しい試験。

どんなに殺人を犯した悪魔でも【試験管】が【合格】と言ったら【ハンター】になれるといわれる【ハンター試験】……受験者同士の足の引っ張り合いや、つぶし行為。

そんな中で出会った、同い年の少年のキルア。

さまざまな出会いをし、経験を経て【ハンター】の資格の未知を進むゴンを巡る様々な試練克服ファンタジー(?)!


***

試験で出される課題は、超現実離れした実践ものから、精神を抉るものまで様々。
果たして、ゴンはキルアはレオリオはクラピカはハンターになれるのか??
1~5巻でその結末を見よう!!
-----------------------------------------------------------------
【HUNTERxHUNTER】 1~23巻 集英社 JUMP COMICS
著:富樫義博
-----------------------------------------------------------------
ちょうお久しぶりですハルサメです!
しかし実はまだまだ忙しいので、ブログの出現頻度は相変わらずひっくいと思います。申し訳ない。
まあ忙しい忙しいっつってもしっかり本読む時間はとってんですけどね!!!!(視線逸らし)
でも今週のサンデーとマガジンはまだ読んでないよ。いいかげん鳴海兄はしろがねさんとラブラブしたらいいと思う。つかいつになったら勝は鳴海兄に会えるのだ。あー気になる!!
そして少女ファイトは あれっもう出てた?かっ確認しにいかなきゃ

【xxxHOLIC8巻】

holic8

しかし紹介は全然関係ない本かよ という。
新刊と言うには一月くらいたってしまってますが、今回も相変わらず装丁が美麗なHOLICのご紹介~。以下ネタバレにつき反転です。

-----------------------------------------------------------------------
前回蜘蛛のウラミをかって右目の視力がなくなってしまった四月一日。無くなって以来時々右目だけ別の風景が見えるような状態が何度もあったり、折角見つけた目を取り戻すための方法も失われてしまったりな感じでしたが、はてさて今回。

前回の終わりからそのままの続きで、「侑子さんはどうしてこの時間に百目鬼の家に?」という疑問からのスタート。
曰く、「四月一日のお弁当のお相伴に預かりにきた」とのこと。

いやいやお弁当ったって侑子さんとこの夕飯のあまり物ですよ?
侑子さんったら夕食に食べたくせにさらに食べたいなんて食いしん坊さんウフフ!(←キモイ)

とか思ったら、衝撃の一言。

「うち、今日流しそうめんだったのよ」

…………え?

てことは、四月一日は百目鬼のためにわざわざ弁当を作ったってことで す   か。

…………………………………………。

なにこのツンデレ。

ああすいません錯乱してちょっと語彙が。
そんな衝撃シーンから始まりました。毎回HOLICってちょっと長めの続き物のお話と、一話二話で終わる話とまぜこぜですが、今回もやっぱり『蜘蛛の目完結編』というか『四月一日成長編』みたいな長い話と、ちょっとした不思議 みたいな一話完結の話が2つ。このバランスもいい感じだなあとか実はひっそり思ってます。

なんと言うか、キャラクターに愛情を抱かせるには、主軸のストーリーを追う以外に何でもない日常を混ぜるのがいい、みたいに聞いた事があるんですが、漫画でやると中々日常を混ぜにくいと思うんですがこれはうまいことやってるなあ、と。

話がそれました。主題主題。

成長編っていうことで、今回は四月一日がいつになく少年漫画の主人公っぽかったです。
座敷童が捕まったとのことで、四月一日が助けにいくことになるんですが、ここでかっこよかったのは、座敷童が捕まった理由を聞かずに行くことを決める所と、「何かできることがあるはずだ」ってとこですね。
一本芯が通った感じでいつもの四月一日どこいった!って感じでした(笑)。いや、いい子だもんね四月一日!

そして時々見えてた右目の理由。
これが分かるとちょっと読み返してどんな風景だったか見返すと面白いですね。ちょっと考えればわかることなのかもしれませんが全然気付きませんでした…だって眼球が窪んでるわけじゃなくて目事態があるからまさかこうだとは思わなくってー。

で、結局右目はなくなってしまいましたが、解決法がすばらしかったですね。と思うのですが。
半分分けるって、分けたらすげえ見えなくなるんじゃねえの?!って思ったら、単純に割り算かよ!!あーそっか2.0!!全然OKじゃん!!!と目から鱗でした。うわー理想的!

百目鬼の「半分ずつだな」という台詞は今回の話のいい締めですね。
何でもかんでも抱え込むより、苦も楽も一緒にした方が苦しさは楽しさに変わったり、より楽しくなったりしますもんね。
なんか「お母さんといっしょ」の「二人はなかよし」とかにそんな歌なかったですか。ズーとスー、ふたりはなかよし!とかっての。知りませんか。そうですか。ガクリ(膝をつく)

で、最後に新しい右目の効力も発揮されてましたね。
時々お互いの光景が『視える』ということや、四月一日にも感じられるようになった謎の気配とか、面白そうな設定が増えて今後も見逃せません。今度は四月一日が百目鬼の見てるもの見てくれないかな!!

しかし侑子さんの「今までの四月一日なら買っちゃってたわね」という言葉は深読みしてもいいものか。今までなら四月一日に取り付きたいアヤカシたちが、『買いたくなる』ように仕向けてたけど、目のお陰で正常な判断が出来るようになった、って考えたら、今後ひまわりちゃんとか百目鬼に対する態度も変わってきたりするんではないか!!
……とか思ったら、思う存分いつもどおりでした。がっくし。
う、ううんいいの。この方が自然だもの!だもの!!

-----------------------------------------------------------------------
まとめると、座敷童は可愛い。以上!!(ええー)
-----------------------------------------------------------------------
XXXHOLiC 1~8巻 講談社 KCデラックス
著:CLAMP
-----------------------------------------------------------------------
超ーーーーお久しぶりのアキサメです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
ちょっくらハルサメさん共々とある戦地で戦ってました……とりあえずひとまず脱出!!
今後はもうちょっとマシな更新頻度になると思いますので、皆様見捨てないでやってくださいm(_ _)m

さて、数日前、寒いのがあったかくなって良かった~~と思っていたら、また最高気温10度以下と寒くなって悲しいアキサメです。

漫画もよっしゃーーケロロ軍曹12巻でたーーー!!
読むぞーーー!!
っと、バイト先に行ったのに……無いし……orz
と凹む始末。
(店自体にはありますよvvばっちり☆)

しかし同時に見つけた蟲師7巻!!
これ、運命!!
っで即行買ってきましたvv

と言うわけで行って見ましょう、
【蟲師7巻:新刊レポ!!】
蟲師7巻

と言うわけで、以下反転!
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
いつもながらの雰囲気が素敵ですvv
暗いと言うか、夢があると言うか、でも現実味があると言うか……

しかし、初見第一印象……明る!!(表紙のみ)
なんというか、今までの蟲師の印象で赤ってイメージが無かったので新鮮でした……色使いが。
桜っていうテーマからいったら蟲師っぽいんですが、表紙の赤は個人的にだいぶ新鮮でした……なんていうか新境地。
そういえば、6巻の表紙でもなんかそんな気がしたような覚えもあります。あ お ぞ ら !!みたいな。
でも、一つの色に囚われず色々な姿があるっていいですよね~vv

そして中身ですが……どちらかというと暗め??
最期か途中が暗い感じ?
考えさせられる物語だなぁ~という感じでした。

蟲って結構人の立場で見解が換わるモノなんだなぁ~と。
なんとなく間違ってる事でも、人の心をどうにかする事はとても難しいし、それを咎める事は誰にも出来ないというのは分かっていてもこう描かれるとなんだか考えさせられますね~【花惑い】&【雷の袂】&【棘のみち】

蟲って意外と身近に感じられる存在なのかもしれませんね~

個人的に好きなのは、間に挟まれた小話。(そこかよ)
爺様とか婆様とか出てくると和みます。
いいね!!

さて、なんと申しましょう。蟲師って感想書くにはとても難しいですね。書き出して気づきました。(遅いよ)


というわけで、アニメの蟲師の話題でも触れてみましょう。

最近はもっぱらローゼンと交互に見ています。
やっぱいいですね。なんというか雰囲気がそのまんまな感じでvv
最初声だめかなぁ~と思ったんですが、キャラ好きというより(もちろんキャラも好きではあります)世界観の方が好きな漫画なので気にならないし、いい感じの人が声あててるんだなぁ~と実感しました。
3月29日に発売される初回限定第二集が激しく気になる今日この頃です。

しかし……11,970円はちょっと高い……これはバイトで貯めるべきですかね?w

-----------------------------------------------------------------
【蟲師7巻】講談社 アフタヌーンコミックス 著:漆原友紀
-----------------------------------------------------------------
テーマ:蟲師
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。