コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。ナツサメです。いきなりですが皆さんはこんな本があるのご存知でしたか???関西人のナツサメには「めっちゃわかる~」って内容ばっかりでした。他府県の人から見た大阪ってこんなイメージなんですかね???大体分ったナツサメは大阪人ですかね~(大阪出身ではありません)関西の常識、他府県では非常識みたいです。

大阪ルール
20070928165336.jpg

見にくいですが、今回タイトルを黄色にしてみました。理由は「阪神タイガース」の色だからです。

本の内容は5つに分かれています。「交通編」「買い物編」「食べ物編」
「街なか編」「言葉・人間関係」「生活あれこれ編」の以上です。
交通編にも書かれていますがナツサメも大阪の電車は怖いです並び方がよく分りません。
書かれている見たいに「戦国の乱世」まで怖い思いはしませんが、中々怖いです。田舎者ナツサメには満員電車も耐えられません
なんであんなに電車があるのにこんなに込むんだろ~って不思議でした。これは大阪以外でもありますが…
大阪は電車以外も怖いです本にも書かれていますが二重駐車が多いことです。環状線も怖いです!!!黄色で止まるとクラクション鳴らされます(経験済み)
ドライバーみんながそうとは言いませんが中々厳しい街です。
車線変更も強引です(経験済み)裏を返せば強引に行っても大丈夫って事なんですけど…
信号の「後○○秒」って梅田が1番だって本に書いてて知りました。
あるのが当たり前だと思っていました(笑)恐るべき大阪魂!!!

でも悪いことだけではありません。電車など隣のおばあちゃんなど話しかけてきてくれます。そして「あめちゃん」くれます!!!
飴にはちゃん付けです。これも大阪ルールなんですね~初めて知りました。
あらためて見ると面白い本です。

買い物編にも書かれていますが、大阪のおばちゃんはアニマルプリントが大好きです!!!!
大きく豹の顔がプリントされてて目が光っていますやっぱり、めだってナンボなんですかね~
さすがに値切っている人は見かけませんが…

食べ物編には「肉まん」ではなく「豚まん」と書かれています!!!!
その通りだと思っていました。関西以外は肉まんなんですね~
どこの家でも豚まんのからしは冷蔵庫に入っていると書かれていますが
ナツサメは正解だと思いました(笑)
大阪人ではないナツサメの家にもたこ焼き機はあります!!!大阪人の常識です。
後、オーダーした物が遅いのは許されないそーです。
どこでもそーだと思っていました。大阪は周りの人も加勢してくるそーです。恐るべき大阪魂!!!
大阪では遅かったら店員に言っていいみたいです!!!初めて知りました。炭水化物をおかずに炭水化物食べるのも大阪だけみたいです。
うどんにかやくご飯はつきものじゃないんですか????
ミックスジュースもどこにでもあるものじゃないんですね
ちょっとショックでした。

読めば読むほど自分が大阪ルールに則って生きていたんだと思いました

大阪は北に行くほどハイソになるそーです。知りませんでした。
ナツサメには大阪=都会、素敵ってイメージしかありませんでした。

本には色々書かれていますが、関西人なら「わかるわ~」って感じだと思いました。関西地区以外の人は「そーなん????」「やっぱり!!!!」って思うことも多い本だと思います。
後同じシリーズで「東京ルール」ってのもあります。
ナツサメはそちらも気になりました。大阪、東京以外でも自分の知らない地域の本を読んでみたいと思いました。
関西人は分ることが多く笑ってしまう本だと思いました。

大阪ルール 中経出版 都会生活研究プロジェクト[関西チーム]
スポンサーサイト
こんにちわ。ナツサメです。まだまだ暑い日が続きますがすっかり秋ですね~。皆さんは秋で何が思い浮かびますか???
スポーツの秋???食欲の秋???ナツサメは食欲の秋です。秋、冬のお野菜って何であんなに美味しいんですかね???
食欲の秋はダイエットの敵だと思いますがそんな時こそ頑張らなくてはならないですよね!!!
そんな頑張る秋にいい本を見つけました。流行りましたね~
ビリーズ・ブートキャンプに作者が30日チャレンジする内容でした。
20070928160540.jpg

おうちでダイエットキャンプ

ナツサメの周りでもやったって話は聞きましたが続いたって話は聞いていません。30日頑張った作者は偉いと思いました。
内容はちょっぴりふくよかな「しばさきよこは」さんが30日ビリー隊長の下でダイエットに励む話です。
ナツサメも一人だったら続かないと思います。辛い時に励ましてくれる仲間がいるから頑張れるんですね~。
しばさきんがダイエットを始めるきっかけは「仕事」でした。
痩せれてお金貰えるならステキって事で始めました。
しかし、そのためには全身のサイズを測らなければなりません。
ここでまず、ショックを受けます。
「私ってこんなに太ってたっけ???」って気持ちになりますよね~
太っていくと体重計に乗るのが怖くなるのはナツサメだけですか???
怖いから乗らない。乗らないから自分の現実が分らない。
の悪循環だとナツサメは思います。
作者がダイエットを決めた理由はもうひとつあります。それは「彼氏」の為です。今より20キロ痩せてる時に付き合い始めたそーです。
やっぱり目標があれば頑張れると思います。
ダイエット始める前の作者は161センチで73.2キロの体脂肪39.5%でした。そこからビリー隊長の励ましを受けてダイエットしていきます。
そして最終的には30日で62.8キロ(-10.4キロ)体脂肪33.1%(-6.4%)のダイエットに成功しました。

1ヶ月で10キロも痩せて大丈夫なの??と少し思いました。でも運動で健康的に痩せるなら大丈夫なんですかね~この本には作者が食べたものとかも書かれていました。
ナツサメはあんまり食べ過ぎてはいないと感じました。
最初はお菓子も食べてるイメージありましたが後半はあまり感じられませんでした。ダイエットって成功してきたら楽しくなってきて誘惑に負けなくなってくるから不思議ですね
途中。停滞期などもあり読みながら「分る、分る」とうなずいてしまいました(笑)
ビリー以外にもウォーキングなどで頑張っていました。この本を読んでナツサメも頑張ろうと思いました。過去の失敗とかも書かれていて面白かったです。ダイエット中って自分だけが辛いと考えがちですが、この本を読んで自分以外にも頑張っている人はいっぱいいるんだなと考えられるよーになりました。

後半の作者の痩せっぷりにナツサメは驚きました。
途中に出てくるウォーキングのお話でおばちゃんがとにかくすごい話は笑えました。

このおばちゃんは追い越してはならない暗黙のルールなのか…

ってところで笑ってしまいました。
この本を読んで体を動かして健康的に痩せるのが1番だと思いました。
ナツサメもビリー隊長の下へ入隊してみたくなりました。
それには作者も書いてますが、まず部屋を片付けないと……
それが1番の問題です(笑)

作者の方がリバウンドしないことを祈りながらナツサメもダイエット頑張ろうと思いました。ダイエットで落ち込んだときに読みたい本です。
それでは最後に


ビクトリー!!!!!!!!


☆おうちでダイエットキャンプ☆ MEDIA FACTORY しばさきよこは
こんにちわ。ナツサメです。昔大好きな作家さんの新作を発見したので詠んでみました。ナツサメ小学校の時「ママレードボーイ」や「ハンサムな彼女」が大好きでした。
さすがにあの頃とは雑誌が違うので主人公の年齢とかも違いましたがナツサメは懐かしい感じがして読んでしまいました。
スパイシーピンク
20070926175509.jpg


主人公遠藤 桜(26歳)は少女漫画家です。19歳で「月刊ドロップ」でデビューし22歳で連載をもらいましたが、その後は読みきりを中心に活動してます。
好きな仕事につけて桜は満足しています。
桜には同じ少女漫画かで仲良しの上條 美園(26歳)の友達もいて
仕事終わりに飲んだりするのが楽しみです。
美園は中3でデビューしその漫画はアニメ化、ドラマ化された売れっ子の漫画家です。
一緒に飲んでるときに桜は美園にコンパの誘いをうけました。
美園は彼氏がいましたが別れてしまいました。
美園は「君にはついていけない」と言われてふられてしまったのです。
美園は自分の生活レベルを落としたくなくって相手にも求めます。
そーすると相手は美園についていけなくなります。
結果、別れてしまいます。

そして美園は失敗から学んで今度はお金持ちの男と付き合いたいと考えていました。それで医者とコンパする事になったのです。
美園は桜を誘いましたが、桜は断りました。しかし美園はもう5年彼氏がいてない桜を心配し、少女漫画家として恋愛は大事と説得しました。
そして今後、医者もの書く時に医者の知り合いがいてたほうがいいと言われて、コンパに参加することにしました。

桜は高1~21歳まで付き合った彼氏がいました。しかし別れてからは彼氏はいませんでしたし、欲しいと思っていませんでした。

コンパは4対4で行なわれました。そこで桜は一人の男性に目がとまりました。彼は男前な是枝 行(これえだ いく)30歳。親が病院を持っていて金持ちのボンボンな美容整形外科です。

コンパも終わり桜がトイレに行っている間に皆は下に降りて行ってしまいました。それを是枝は待っていてくれました。
2人で降りていく時「なんで、この人が待っていてくれたんだろう??」て考えている桜に是枝はいきなりあごを持って顔を近づけてきました。ドキドキしている桜に


「目頭切開 二重の幅を広くして…」と整形を勧めてきました。
そして最後に豊胸手術も勧められました。

もう2度と会うことも無いと桜は怒りを抑えました。
しかし後日、ネームに行き詰まりファミレスで仕事していたら外を歩いてた是枝が桜を見つけてファミレスに入ってきました。
桜は一生懸命考え事していて目の前に座っていた是枝に気付いていませんでした。
そして、この前はきれいな格好していたのに今日は普段着で会ってしまいました。それも笑われてしまいました。
そして是枝と喋っていてせっかく浮かんだアイデアが飛んでしまいました。
「吹っ飛ぶくらいならたいしたアイデアじゃない」と言われてしまいました。そして怒っている桜に「俺と付き合わない」と言い出しました。

もちろん断りました。それを美園に言うと「もったいない」と怒られてしまいました。
次の週桜は仕事で京都へ行きました。そして高校時代の友人と会いました。友人は仕事が上手く行っていないのか、すごくイライラしていて好きなことしてお金もらっている桜に絡んできました。
もちろん桜にも大変な事もありますが、彼は分かってくれませんでした。桜は友達を一人失ったと思い、新幹線でやけ酒していました。

するとまたまた是枝が現れました。そして桜の話を聞いてくれました。
桜は是枝はなんとなく家業をついたと思っていましたが今の仕事に誇りをもっていて是枝の事を見直していました。そして「付き合ってもいいですよ。あなたの事を好きじゃなくてもいいのなら」と言いました。

すると「これからもよろしく。俺も君の事好きじゃないから」と言われて付き合うことになりました。


なんとか2人は付き合いだして上手い事いってました。
是枝には妹がいて妹は桜のファンでした。そして妹から是枝には5年前に亡くなった彼女がいると聞かされたり、是枝妹(理沙)の彼氏が桜の元彼だったりとまだまだ問題は山積みですが2人は真剣に付き合うことにしました。しかしそんな時に亡くなったと思っていた是枝の元カノ(菜津子)が現れました。


是枝はどーして亡くなったと言っていたのでしょうか???
是枝と桜の関係は???桜と元彼の章の秘密はばれてしまうのでしょうか???

まだまだ始まったばっかりの2人の恋愛が気になります。
漫画家が主人公の話って読んだ事なかったので面白かったです。
大人の恋愛の続きが気になります。
スパイシーピンク 集英社 吉住 渉1巻~
こんにちわ。ナツサメです久しぶりにドキドキなミステリーの本読みました。ナツサメはミステリーがやっぱり好きですナツサメの頭では難しい話も多いですが、「そんなの関係ねぇ~」で読みました。(笑)
まだまだ始まったばっかりでこれからもっと面白くなりそうです。
20070922173246.jpg


ブラッディ・マンデイ


事件の始まりは一人の女性から始まりました…それはクリスマスでした。場所はロシアでした。
彼女はある人に頼んで「ウイルス」を受け取りました。
そのウイルスはとっても強力です。彼女はワクチンを打っていますがもしアウトブレイク=感染爆発したら街1つ全滅するのに3日かからないくらいの強い力があるものです。

彼女は人体実験をしたいと考えていました。そしてその実験をワクチンを渡してくれた彼で実験する事にしました。


4月 日本 私立弥代学院高等部である出来事がありました。朝学校に行くと生徒の名前が張り出されていていました。
彼らはある先生に見つかってしまった不純異性交遊で停学処分になってしまいました。彼らを処分したのはピカゲと呼ばれる先生です。
ピカゲは生徒の服装違反とかを減点で表していました。

新聞部に所属していた高木 藤丸もピカゲの事を嫌っていました。
藤丸だけでなく皆がピカゲを嫌っていました。
藤丸の仲間で新聞部の連中も嫌っていました。新聞部ではピカゲの横暴を許せないと考えていましたが打つ手はありませんでした。
ピカゲは前の学校でセクハラしまくっていたらしい…とうわさがある先生でした。

新聞部が話し合ったいたら1本の電話が入りました。
停学処分を受けていた女子生徒が自殺を図ったと…
幸い命は取り留めましたが、彼女の家は厳しく今回の停学で転校するかもと言う話になっていたのです。
新聞部は病院に駆けつけましたが会わせてもらえませんでした。

病院には一緒に停学処分を受けた男子生徒もいました。
彼は「くやしい…」と泣いていました。
新聞部の部員でジャーナリスト志望のあおいは直談判するといいましたが部長に止められました。
新聞部は新聞を作って訴えることにしました。
皆が燃えている時に藤丸だけはお腹が痛いと言って帰りました。

実は藤丸は天才的なハッカーの「ファルコン」だったのです。
藤丸は父親と約束してファルコンの力を伏せていましたが、泣いている友達をみてもう1度ファルコンになる事を決めました。

そしてピカゲのパソコンにハッキングしたのです。
最初に餌となるメールを送りました。鷹の画像で「バカが見る」と書いておきました。そしたらハッキングスタートです!!!
そしてその中に女子高生にセクハラしている画像を見つけました。
藤丸は被害者の画像をすべて消してピカゲの恥ずかしい画像だけ残しておきました。

同じ日東京で1つの殺人事件が起こりました。クリスマスにロシアでウイルスを受け取った女が一人の男性を殺しました。
そして殺された人は彼女に見つからないよーに携帯からメモリーカードを抜き取って息を引き取りました。

次の日学校はピカゲがクビになる話でもちきりでした。
ファルコンファンの新聞部員アンコは大喜びでした。

学校で藤丸とピカゲがすれ違いました。藤丸はすれ違いざまに「バカがみる」とボソっとピカゲに言いました。
ピカゲはファルコンが藤丸だと気付きました。ピカゲは藤丸だけは許さないと思いました。


藤丸がファルコンの力を使った事を藤丸の父親で警察官の高木 竜之介に知られてしまいました。藤丸の父親は警察官ですが、テロとかの対策の公安調査庁に所属しています。

父親は息子がファルコンの力を使って警察に協力するのを止めさせたいと考えていましたが、知り過ぎていた藤丸はもう一般人ではないと考えられていました。

そして父親の上司はこの前殺された男のお腹から出ていたメモリーカードの解読をファルコンにして欲しいと考えていました。
父親はまだタイトルの「クリスマスの虐殺」までしか解読出来ていませんでした。

そして藤丸の学校にウイルスを貰った女が教師として赴任してきました
彼女は知らないふりをして藤丸のパソコンを壊しました。

そして同じ頃藤丸の父親が殺人事件の容疑者として指名手配されていました。父親は無実です。
藤丸に電話してきて「渡したファイルの存在を忘れろ」と言いました

父親が最後に一言言いました「ブラッディ マンデイとだけ言いました。
そして藤丸は父親の言いつけを守らず「クリスマスの虐殺」に新聞部の仲間を巻き込んでしまうのです。



ウイルスの正体は?????ウイルスを貰った女の目的は????
父親は誰にはめられたのか????ブラッディ マンデイの意味は????
まだまだ謎だらけのお話ですがナツサメは続きがとっても気になります
早く続き読みたい作品です。

ブラッディ・マンディ 講談社 龍門諒×恵広史1巻~2巻





こんばんわ。お久しぶりのナツサメです。久しぶりのナツサメは少女漫画読みました。ナツサメの夢の場面が2箇所もありました。
さて、ナツサメの憧れの場面とはどこでしょーか??
皆さんもある日好きな人に呼び出され「告白」と思ったら実は駆け落ちするという告白だったら皆さんはどーしますか???
20070921232259.jpg

MiLK

主人公のはどこにでもいる普通の女子高生です。杏には幼馴染の男の子がいます。といい年下ですがフェロモンムンムンです(笑)優見たさに杏の友達が家に集まってきます。
優は杏の友達にもモテモテです。でも杏には可愛い弟のような存在です。杏にも気になる人はいてます。同じクラスの龍二です。
龍二は男前ですが硬派な感じの男前です!!!後輩の女子が写真を撮らせて欲しいと龍二に頼みに来ました。龍二は断りましたが、杏が無理やり写真を撮ってあげました。後輩は大喜びでした。
それを見ていた他の女子も龍二に「写真撮りたい」と頼みましたが断られてしまいました。

杏ちゃんはいいんだ


と言われてしまいました。
友達は龍二に告白したらいいのにって言う子と優が言いと言ったり意見は分れていますが、杏が好きなのは龍二です。

優は杏にとってもなついています。杏は優にお願いされると聞いてしまいます。優のキラキラした目で見つめられると杏は断れません。
杏が好きなのは龍二です。でも優に「膝枕して」「頭なぜて」と言われたら龍二に後ろめたい気になりましたが今回も断れませんでした。
杏は優に「優も15歳だし、そろそろやめない」と言いましたが断られてしまいました。
優に家は少し複雑です。優は母親の愛情を知らずに育ちました。
だから杏は優にとって自分は「ミルクみたいな存在」と思っていました

次に日杏は龍二に「20円持ってない??」と聞かれました。
杏が龍二と喋っていたらこの前写真撮った後輩が2人のところに来ました。後輩は龍二に撮った写真を渡しました。
その写真は指名手配みたいな極悪な顔で写っていました。
杏はどんな写真でも好きな人のなら持っていたい…と考えていました。
しかし、龍二にはわかってもらえませんでした。

「そんなの見たらよけい会いたくなる…」と言われました。
杏は龍二に好きな人がいるの??と聞きましたがはぐらかされてしまいました。


龍二の好きな人が自分だったらいいのに…と杏は思いました。

そんな時「杏ちゃーん」と言う声が聞こえてきました。
実は財布を忘れた杏に優が財布を届けにきてくれたのです。

そして杏を連れて行こうとした優に龍二が噛み付きました。
杏は喧嘩を始めた二人を止めようとしましたが、2人は杏の話を聞きません。
杏はとうとう2人を皆が見ている前で殴って仲直りさせました。

杏は優に学校来るならメールしてといいました。
優は杏が龍二のことが好きなんだと気付いていました。

優がいつも通り甘えてきました。そして杏に告白しました。
杏は驚いてしまいました。自分は今まで優の何を見ていたんだろう…
と悩んでいました。
そんな時龍二からメールが来ました。
杏は会いたくなって会いに行きました。
すると龍二がいきなり「駆け落ちする」と言いました。
龍二はイトコと付き合っていて彼女とは別れていましたが、彼女が3日後に結婚するから2人で逃げる…と言い出しました。
龍二は杏だけには伝えたかったと言ってくれました。

杏は行かないで…行かないで…と思っていましたが「がんばって」と応援して2人は電車に乗って旅立って行きました。

杏が駅で泣いていると優が現れました。優は中々帰ってこない杏を探しに来てくれたのです。

「追いかけよう」と優は言ってくれました。
そして杏の手を引いて次の電車に飛び乗りました。




杏は無事、龍二に会えたのでしょうか???
いきなり好きな人から駆け落ちすると言われたらあなたならどーしますか???
追いかける???諦める????一緒に行ってくれる人が居るって心強いですね
ナツサメは行かないでと思いながら好きな人の事を応援出来る杏は強い子だなと思いました。

MiLK 集英社 佐藤ざくり

こんにちわ。ナツサメです今日は久しぶりに爽やか部活漫画読みました。実は先日10年ぶりに「先輩」と言われました!!!
すごい懐かしい響きに単純なナツサメは部活漫画読みたくなりこの漫画を選びました。
男の子の漫画ですが絵が可愛くって読みやすかったです。またバドミントン漫画って少ない気がしましたが面白かったです。
20070913181155.jpg

スマッシュ!
主人公は東 翔太(あずま しょうた)
は中学3年生。受験を控え部活は引退していましたがたまに皆で練習するのを楽しみにしていました。
翔太の幼馴染で同じバトミントン部の岡本 美羽(おかもと みわ)は全国ベスト8に選ばれる選手です。
美羽が取れないスマッシュを打つのは翔太だけです。美羽は部活推薦でバトミントンの強豪の「東城第二」に入学が決まっていました。
美羽は一緒に東城第二に通いたいと思っていましたが、翔太はその気がありませんでした。
しかし、そんな翔太にバドミントンをやる気にさせる出来事がおこりました。
翔太が外に出た時に一人の女の子が泣いているのを見かけました。
見たことのない女の子でした。そして彼女が体育館に入っていくのを見かけました。彼女もバドミントンするみたいです。

どーしてないていたんだろう…

翔太は気になって仕方ありません。思い切って「ゲームしない?」と話しかけました。彼女は口がきけませんでした。きっと辛い事があったんだと思い「バドミントンなら楽しいから!!やろう」と誘いました。

そして二人はゲームを始めました。彼女はホームがきれいでとにかくバドミントンが上手かったです。
美羽も翔太も認める上手さでした。
ゲームも翔太は興奮して色々訪ねました。彼女は笑ってくれました。

美羽は他の女の子と楽しそうにしゃべる翔太を見て胸が苦しくなりました。そして知り合いと話しかけました。そしたら今日知り合ったばかりと言われてしまいました。美羽は「私とゲームしない?」と提案しましたが彼女は走って逃げてしまいました。
翔太は名前を聞いたけど教えてくれませんでした。

翔太は追いかけましたが見失ってしまいました。帰ってこない翔太に美羽はイライラしていました。

美羽は翔太の事が好きです。でも翔太は全然気付いていません。そんな翔太に美羽の怒りは爆発しました。

翔太はあの子も強いけど美羽も強いと言ってくれました。美羽はすごいと言ってくれました。美羽は一緒の高校に行きたい…と思いました。

「一緒に……」と言いましたが電車の音で翔太には伝わりませんでした。

翔太はあれ以来彼女の事が気になって勉強にも身が入りません。
美羽が誘ってバドミントンしましたが翔太はダメダメでした。
本当は翔太にこれ以上彼女と会って欲しくないと思っていましたが、
翔太が元気ないので「彼女のこと調べてあげる」と言ってしまいました。あれほど上手い子なら誰かすぐわかると考えていたのです。

そして二人がバドミントンをしている頃一人の少年が家出して町をブラブラしていました。羽柴 亜南(はしば あなん)彼は兄2人にバドミントンの事をバカにされてしまいました。そして家出しました。愛犬を連れて街をぶらついている時に翔太達がいる体育館前を通りました。

美羽は翔太に「彼女にもう1度あったらどーする??」と訪ねました。
翔太は「また一緒にバドミントンしたい」と言いました。
それを聞いて捜すって言わなければ良かったと美羽は思いました。
そんな時いきなり「そいつのことなら知ってるぜ」と亜南が現れました。そして勝負して勝ったら教えてやると翔太に言いました。

美羽は不安な気持ちになりました。「ダメ」といいましたが翔太達はゲームを始めました。

亜南は強かったです。とにかく翔太はシャトルを追いかけるだけでいっぱいでした。
1ゲーム目翔太は1点も取れないまま負けてしまいました。亜南は機嫌が悪くって思いっきり意地悪な試合をしてしまいました。

1ゲーム目歯が立ちませんでしたが2ゲーム目もすることになりました
翔太は自分よりはるかに上手い選手と試合をし、自分の知らない世界を見てワクワクしていました。

亜南は翔太を打つのめすつもりで打ち込んでいきます。
劣勢な翔太に一人の女性がアドバイスをくれました。

そして翔太はとうとう亜南から1本とりました。
亜南はますますヒートアップしていきますが、翔太は亜南についていけてます。ゲームしながら上達していきます。
いい感じになってきた時に翔太の足がつってしまって試合は中止になりました。阿南と翔太は友達になりました。
翔太は阿南にまた試合して欲しいといいました。

翔太は家出した亜南を泊めてあげました。そしてバドミントンが上手い彼女の事を聞きましたが、阿南も知りませんでした。
阿南も東城第二高校へ進学すると知りました。
阿南に「そんなに上手なら試合で勝ち上がってくるはず、だから自分が強くなればあえるはず」と言われました。

そして翔太の志望校は東城第二になりました。

バドミントンが上手い2人が翔太の運命をかえていきました。
翔太は無事に高校に合格できたのでしょうか??またもう1度彼女と会えたのでしょうか??どーして彼女はしゃべれなくなってしまったのか…

翔太はどんどん上手になっていきます。普通のスポーツものよりは恋愛の話も多く男の子より女の子向けだなとナツサメは思いました。
バドミントンの事はあまり分かっていなかったナツサメですが、バドミントン以外のそれぞれの人物の気持ちが丁寧に書かれていて恋愛漫画よりで読みやすかったです。

スマッシュ! 講談社 咲 香里1巻~5巻

こんばんわ~お久しぶりですナツサメです。
ナツサメの大好きだった本がリニューアル??されて発売されたんので紹介させてもらいます。ナツサメ個人は「ひうらさとる」さんが書く女の子が大好きです。昔からおしゃれで大好きでした。ナツサメは昔「なかよし」で読んでいましたが今日紹介させてもらうのは「なかよし」の作品ではないので「なかよし」の時よりは大人っぽい作品になってます。

ねぇ、honey知らないの?
20070910181932.jpg


主人公は金子 蜜(かねこ みつ)26歳。予備校教師です。蜜はナイスバディーのステキな大人の女性です。
蜜には付き合ってる人がいます。大河内 泉(おおこうち いずみ)17歳。高校生で蜜が教えてる予備校の生徒です。
蜜と泉は付き合って1週間でラブラブです
蜜は大人ぶった態度で泉と付き合っていますが、実は男性と付き合うのは初めてで色々と泉がリードしてくれてます。
蜜は男性と付き合うのが初めてでわからないことだらけです。
そんな蜜にアドバイスをくれるのは蜜と同級生でルームメートの「どくだみ荘」の4人なのです。

実は今でこそナイスバディーな蜜ですが、半年前までは今の蜜から想像がつかないくらい太っていました。
蜜がダイエットをするきっかけになったのは泉です。駅で偶然出会って
泉が落としたテストを蜜が拾ったのが出会いでした。
泉は蜜が頭がよさそうと思いテストの答えを聞いたのです。
そしてあっていた泉は「頭よさそうな女性だと思たっ ありがとっ」と
蜜に笑顔を見せてくれました。

蜜はこの出会いがきっかけで泉の事が好きななりました。初恋です。
今のままでは振られるのはあきらかです。どくだみ荘の4人を説得して蜜の変身プロジェクトが始まりました。
5ヶ月頑張って蜜は変身しました。そんな蜜に神様はご褒美をくれました。蜜が勤める塾に泉が入学してきたんです!!!

告白は蜜の方からしました。そして付き合ってから1週間で二人は遊園地にデートに来ました。
蜜のキャラではないですが初デートの蜜には遊園地デートがあこがれだったのです。
蜜は「センセなんかのどこがいいの??」と聞きました。
一生懸命キャラを作ってきたのに「オモシロイところ」と言われてしまします。でも先生のことホントに好きだから、オレの事信じて…
と言ってくれました。蜜は嬉しくって家で泣きました。
前日遊園地デートに手作り弁当を作ったら誉めてくれたので翌日も作って駅で泉に渡そうと待ってました。
そこに泉が現れましたが駅に着くなり制服を着替えだしました。
蜜が知っている高校と違うところに通っています。


そして泉が蜜を落とせるか友達と賭けをしていたと知るのです。
蜜は傷ついて「嘘つき!!!信じてねって言ったくせに。絶交」と叫んで泉の前から立ち去りました。

蜜は本当に泉のことが好きでした。泉は年齢とか関係なく幸せな時間がずっと続くと思っていました…


次の日、泉は予備校に現れました。本当の高校の制服を着て皆に告白しました「ここの予備校に入りたくて高校を偽った。蜜先生が大好きで誰にもとられたくなかった。なのに傷つけてごめん」と言って去っていきました。

からかわれてるの????騙されてるんの???


蜜は泉の元へ駆け寄りました。実は泉は蜜がダイエットのためスポーツジムに通っていた事を知っていたのです。
その時から痩せていく蜜を見て気になっていたと言いました。

そして、今度は泉から蜜へ告白しました。



2人はもう1度付き合うことになりました
恋愛経験豊富な年下な泉。恋愛経験がないが何事にも真面目な蜜の年の差9歳カップルはまだまだ問題がいっぱいです。
蜜が女子高生の格好をしたり、恋愛経験一人なのに生徒の恋の相談にのったり2人はとっても忙しいです。
蜜がとにかく可愛い。大人だから余計に可愛いと思うのかもしれません。年の差カップルは年の差があるだけに色々問題もあるんだなぁと思いました。9歳も女性が年上の漫画って読んだ事なかったので面白かったですはぁー恋っていいなと思いました
ねぇ、honey知らないの?講談社 ひうら さとる1巻~2巻 完


こんにちわ。ナツサメです。今日は少し懐かしいお話を紹介させてもらいます。10年くらい前に流行りましたよね~。
当時大好きで読んでいたのに最後まで読んだのか思い出せない作品がありました。結構人気で今でも読んでいる人を見かけます。
せっかくなんでナツサメも読んでみる事にしました!!!

やっぱり最後まで読んでいませんでしたあれから10年たってナツサメの考え方も変わった気がしますが、やっぱりいいものは何年たってもいいですね~

るろうに剣心
20070903130856.jpg


かつて京都に「人斬り抜刀斎」と呼ばれる一人の志士がいました。
彼は修羅さながら人を斬って新時代「明治」を切り拓きました。
そして動乱の終結とともに姿を消し最強と言う名の伝説を残していきました。

それから11年…彼は東京の下町にいました。
夜道を歩いているといきなり「人斬り抜刀斎」と呼び止められて女の子がいきなり竹刀で向かってきました。
よけた隙に道端の塀にぶつかってしまいました。
明治時代、刀を持つことは許されませんでした。しかし彼は持っていました。普通の刀とは違う逆刃刀を持っていたのです(普通の刀とは逆で斬る方が外についています)そしてその刀には人を斬った跡は見当たらりませんでした。人斬り抜刀斎は明治維新後は流浪人(旅をする人)に
なっていたのです。そして東京で自分が知らないうちに自分の偽者が出没していたのです。

そして偽者は「神谷活心流 緋村抜刀斎」と名乗って辻斬り(殺人)を犯していたのです。先ほど流浪人の抜刀斎に話しかけてきた女の子はその神谷活心流の師範代だったのです。偽者の抜刀斎もまぁ強くって師範代がピンチになったとき流浪人が助けました。
彼女の名前は神谷 薫(かみや かおる)といいます。
彼女は父親がなくなり父親の残した神谷活心流が殺人剣に汚されたといいました。神谷活心流を守るためパトロールしていたのです。
神谷活心流は抜刀斎が自分の流儀を名乗って辻斬りを行なうので門下生が恐れていなくなってしまったのです。

数日後、廃刀令違反で流浪人は警察に取り押さえられていました。
それを見た薫が助けようとしましたが逆に揉め事が大きくなってしまいました。そんな二人をみて薫の家の奉公人の喜兵衛がそっと警察官にお金を渡して解決してくれました。
薫は「まだこの町にいるの??」と訪ねました。流浪人は辻斬りの事があったので町を離れられなかったのです。もちろん薫にそんな事は言えないので適当にごまかしました。
流浪人は喜兵衛のことを訊ねましたが薫は何も知りませんでした。
「誰にも語りたくない過去がある、あなただってそうでしょう」と言われました。そして家にきたらいいじゃないと誘ってくれましたが片付けないといけないものがあるので後日行くと言い去っていきました。

そして薫から犯人だと思う人物を聞き決着を付けに向かうのです。
一生懸命街中を探していましたがどーやら隣町のやつでした。

薫が言ったとおり犯人はそこの道場のやつでした。流浪人がざこと戦っている間薫にもピンチが訪れていました。
実は偽者抜刀斎は喜兵衛の弟だったのです。喜兵衛は神谷道場の土地を狙っていたのです。薫が土地を手放さないので偽者抜刀斎まででっちあげたのです。薫が偽抜刀斎の正体に気づいたため逆に乗り込んできたのです。
そして無理やり書類に捺印させて神谷道場を自分たちのものにしようとしました。でもそのとき流浪人が現れたのです。
流浪人は薫が言っていた「人を活かす剣」の為に戦うことにしたのです

そして彼らは本物の抜刀斎の実力を見たのです。本物の抜刀斎の流儀は「飛天御剣流」と言いました。戦国時代に出来た一体多数の斬り合いを得意とする古流剣術なのです。逆刃刀じゃないと簡単に人を惨殺してしまう神速の殺人剣だと言いました。


この世に抜刀斎は一人でいいと言って偽者が向かってきました。
自分よりだいぶ大きい相手でしたがそんなことは飛天御剣流には関係ありませんでした。やっぱり人斬り抜刀斎は強かったです。
そして弟もやられた喜兵衛は気を失ってしまったのです。勝負がついたので書類を破って出て行こうとしました。抜刀斎は薫に騙すつもりは無かったと謝りました。ただ出来れば語りたくなかったと言いました。

そして出て行こうとした抜刀斎を薫は呼び止めました。
自分一人でどーやって流儀を盛り立てろっていうのよ!!!少し位力を貸しなさいよと言いましたが、せっかく流儀の汚名を晴らせたのに本物の抜刀斎が居てたら元も子もないと言いました。

薫は「抜刀斎にいて欲しいんじゃなくて流浪人のあなたにいて欲しい」と言いましたが恥ずかしくなって「出て行きたければ行ったらいい」と言ってしまいました。でも出て行くなら名前教えて欲しいと言いました
抜刀斎は昔の志士名だったのです。

抜刀斎は出て行くのを止めて薫に本名の緋村 剣心(ひむら けんしん)と名乗りました。そして剣心は神谷道場でお世話になることになりました。

その後神谷道場には弥彦と言う男の子も厄介になります。あと喧嘩屋斬左とも出会うのです。
登場人物みんながそれぞれ個性的で素敵でとてもじゃないけど紹介しきれません。昔は○○カッコイイなんて思ってましたが今読み返してみてその人の内面も少し判った気がしました。ナツサメには想像もつかない修羅の世界をみんな歩いてきたんだなと思いました。
今日紹介させてもらったのは出会い編でまだまだ本編は長いです。
でも一気に読めました。歴史があんまり分っていなかったけど読めました(笑)ナツサメは斉藤 一の生き様がカッコイイと思いました。さてどこのシーンの事でしょうか???読んだらすぐに分ると思います。
少し長いけどお勧めです。秋の夜長にどーですか??。

るろうに剣心 集英社 和月 伸宏1~22巻 完

こんにちわ。ナツサメです。今回は表紙&題名にひかれて読んだ本を紹介させてもらいたいと思います。
前作「ハツカレ」とは感じが違って一瞬同じ人が書いたとは思いませんでしたまつげバッサバサな主人公にナツサメは釘付けになってしまいました。ナツサメ前回紹介した怪物王女もそーですがこんな感じの女性が好きみたいです(笑)

悪魔とラブソング
20070901182659.jpg


主人公の名前もすごいんです
その名も可愛マリア(かわいまりあ)です。彼女はわけあって聖カトリア女子を退学になって戸塚高校に編入しました。後で書かれていますがマリアは暴力事件を起こしたみたいです。
マリアはとっても可愛くって頭のいい高校からの編入なので少し(かなり)浮いてしまいました。
そんなマリアに気を使って優しく話しかけてくれた男子神田優介(かんだゆうすけ)が話しかけましたがマリアに「監視しなくても何もしない。お前も興味ないのに無理に話しかけるな」と言ってしまいました。
クラスの人気者優介にそんな事言ったためマリアはもっと浮いてしまいました。
優介は上手くごまかしているつもりだったのにマリアに見破られてしまいビックリしました。
マリアはまだ前の学校の制服を着ています。普通仲良くなった友達が学校案内や購買部を教えてくれるのですがマリアには教えてくれる人はいません。それでマリアは優介に話しかけました。
さっきは話しかけるなと言ったのに困った時だけ話しかけてきたマリアに優介の友達目黒伸(めぐろしん)が「矛盾してねぇか」と言ってきました。マリアは素直に「優介が断らないと思って話しかけた」といいました。そして自分で探すと言い出しました。そんなマリアに優介は購買部まで連れて行ってあげることにしました。そしてどーしてそんなにセキララにものを言うの??と聞きました。マリアは私は人を汚させるらしいと答えました。
マリアと目黒はネガティブな感じですが優介は違います。マリアにそんなキツイ言い方しないで「ラブリー変換」するといいと教えてくれました。マリアは実行しましたが少し(かなり)怖いです
制服も着替えクラスになじめそうと思ったのにやっぱりマリアは女子達と上手くいきません。マリアがお高くとまっていると思われているのです。そしていじめの標的になってしまいました。
前の学校の制服もビリビリに破かれて旗みたいに吊るされてしまいました。そんな事があってもマリアは涙を見せませんでした。
一人クラスで賛美歌を歌っていました。その歌声に優介も目黒も聞き入ってしまいました。
優介はすぐに制服に気付きました。「明日も学校に来る??」と聞いてくれました。そんな優介に「あたりまえだ!!!」と答えましたがすぐにラブリー変換で「そんなにあたしに会いたいの?心配しなくてもちゃんと来るわ」と答えました。
でも優介が教えてくれたみたいに可愛く首をかしげる事が出来ませんでした。そんなマリアに目黒は「死ね」と言って教室から去ってしまいました。そして優介はそんなやり取りを見て笑っていました。
そして優介はマリアの笑った顔を見たのです。マリアの微笑みは本当に可愛かったです

そして次の日マリアは学校に来ました。マリアは靴にいたずらされて朝から裸足でした。優介とマリアが話していると女子が優介に話しかけてきました。マリアは気を使って席をはずしたのですがまたまた自分達が来たから去ったと勘違いされていました。


そしてクラスメートの甲坂 友世(にっぱち)が少し浮いているのを見逃しませんでした。しかしクラスメートにハブにされたくないにっぱちはマリアにいじめられていると先生に訴えました。
そんな嘘にマリアは負けません。マリアと女子の戦いが始まりました。

マリアはとっても可愛い女の子です。マリアの過去が気になります。
時々出てくる前の学校の話が気になります。
目黒も不器用な優しさもナツサメは大好きです。マリアは過去に辛い事があったみたいで人間不信みたいなのが感じられました。
目黒にも過去があるみたいでナツサメはそっちも気になりました。
自分に正直に生きるって難しいですよね。ナツサメにはマリアのような生き方は無理だと思いましたが応援したくなりました。
悪魔とラブソング 集英社 桃森ミヨシ1巻~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。