FC2ブログ
コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ~ナツサメです。今日もこの本に載ってる作品読みました。
昔は主人公が中学生や高校生の恋愛もの読んで「大きくなったらこんな恋愛するのかな~」と思い、中高生の時は同年代の恋愛物よんで「いいなぁ~」と思いました。
二十歳くらいの時は、主人公が自分より年下の漫画読んで「可愛いなぁ…懐かしいなぁ」と思うようになりました。そして最近は自分と同年代の漫画読むようになりました。
「恋愛に仕事に結婚に…」自分もういい年なんだなと感じました。
最近槇村さとるさんの漫画をよく読むようになりました。この人の作品って大人の女性の恋愛ってナツサメは思います。
この漫画


Real Clothes
クローズ


主人公は天野絹恵(あまの きぬえ)朝は7時半に起きタイムカードを押し9:35分にロッカールームを出ます。彼女は百貨店の布団売り場で働いています。彼女は布団を愛しています。
そして朝礼をして、仕事開始です。一緒に働く人にの気配りも忘れません。言いたい事も我慢しながら働いています。今日の布団を求めてお客様は来てくれます。彼女は一生懸命接客しました。気に入ってお買い上げしてくれました。幸先いいスタートだなと思っていたときに保留で置かれている電話を見つけました。お客様からのクレームの電話を待たせていたのです。

お待たせしたお客様には謝りました。そして保留にした契約社員とも話をしました。怒りたいと思うこともありますが「和」が大事なんで我慢しました。

絹恵はいつでも全力で頑張っています。目標に向かって全力投球です。皆で頑張ろうと思いますが振り返ったら誰もついてきてないのです。
山積みの仕事を片付けると毎日がそれだけで終わって行きます。それでも絹恵は頑張ります

一日の仕事が終わりロッカー室に戻ると1人の女性が絹恵のロッカーの前に立っていました
その女性は「間違えたわ」と言いました。高い服に高い小物を見につけた女性でした。そして絹恵に「つまらないものを着てたらつまらない一生になる」と言って去って行きました。

なんで見知らぬ女性にそんな事言われるんだと怒っていました。忘れてやると彼氏に愚痴っていました。

絹恵は今の生活が幸せでした。しかし、次の日絹恵の生活をかえる事件が起こりました。

絹恵が布団売り場から営業3部婦人服に移動になったのです。絹恵はふとんを愛しているので移動なんてしたくありませんが、会社が決めた事なので決定です!!!

3部は皆が服が好きでエリート集団で服が好きなので服のこともよく勉強しています。
絹恵はとにかく頑張る事にしました。
そして移動の日、絹恵が挨拶しているともう1人女性が現れました。絹恵のロッカーを見ていたモードババァ(絹恵命名)でした。彼女は統括部長として3部に呼ばれていたのです。
彼女は百貨店激戦区で2位のこの越前屋を1位にするのが仕事です。そのために越前屋の売り上げの半分をこす婦人服を強化するのです。まったく新しい婦人服売り場を作ると宣言しました。


絹恵は周りをブランドショップに囲まれた「ザ・スペース」に配属されました。そこは越前屋が独自に仕入れによる平場と言われているところです。

接客は基本変わらないのですが、婦人服(服)は難しいのです。「これの黒ありますか??」と聞かれれば捜します。しかし、その間に目移りする事もあります。また試着した時にサイズが小さかったら…
欲しい物が売り切れていて似たようなものを勧める時は…

絹恵はお客様が言ってることがよくわかりませんでした。的確なアドバイスも出来ませんでした。もちろん売れません。年下の契約社員に注意されてしまいました。
それでも私語も無くみんな胸を張って働いていて働きやすい職場でした。服に詳しかったらもっと働きやすいのに…と思い絹恵は勉強する事にしました。

絹恵は彼氏と旅行の話が出ていました。でも旅行に行くより勉強したいと思っていましたが言えませんでした。彼氏は職場がかわった絹恵を気遣ってくれました。

絹恵は頑張って働いてますがあまり売れていません。そこで職場の人にアドバイスを貰いました。もしお客様が試着した服が似合ってなかったら→とりあえず誉める!!!
もしパンパンだったら→「ジャストサイズですね」。キャラとテイストが違ったら→「新しいお洋服の世界」。予算オーバー→「気回し力がすごい」。太ってる→「充実してる」等の言い回しのアドバイスを受けました。

そして試着をして試着室から出てきたお客様がいました。気に入ってワンピースを試着したのですが似合ってません。絹恵は似合っていないと思いました。でも「どーかしら??」と聞かれて「似合っています」と答えてしまいました。そのままお客様はそのワンピースを購入しました。

しかし、翌日返品されてしまいました…似合っているといわれ購入したけど家に帰ってきたら似合ってなかった。手持ちの服ともあわなかったのが理由でした。
今回は他のワンピースをお勧めしてそちらを気に入ってくれたので交換になりました。
対応してくれたのは絹恵に注意をした契約社員の凌さんでした。彼女は絹恵より年下ですが服を愛して販売の仕事にプライドをもっていました。
絹恵は「洋服をなめないで下さい」と言われてしまいました。なめてはいませんでした。でも空回りしてました。
凌は失礼は承知ですがと言って「絹恵自身があかぬけていない…爪にはネイルを。靴もかかとが磨り減っているのはどうか…ダイエットしてくださいとも言われてしまいました。
このままでは戦友として認めないと言われてしまいました。

絹恵は洋服を愛せません…それでも3部で働いています。少しずつ婦人服の販売の仕方がわかってきました。認められるようになって行きます。
絹恵は仕事が生きがいだとナツサメは思いました。でも仕事だけの女性ではありません。
彼氏との恋愛も上手くいってました。でもこれからは状況が少し変わってくるかも知れません…



仕事に恋愛に大変な年頃になってきたんだなと思いました。自分の仕事にやりがいを感じて働いてる人ってどれだけいるんだろう…絹恵は幸せだなと思いました。服の販売って難しいと思いました。先読みしていかないといけないし気を悪くしては買ってもらえない…
とにかく頑張ろうと思える作品でした!!!

Real Clothes 集英社1~3巻



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。