コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。お久しぶりですナツサメです。最近ドラマ化のコミックを多く読んでいましたが、少し落ち着きました。新しいコミックもどんどん発売されるので大忙しです。そんなナツサメが最近読んだのは
山本善次郎と申します
2巻です。1巻が気に入ったので2巻も早速読みました。

かるく1巻のあらすじ書かせてもらいます。
主人公は山本ほたて小学校4年生の女の子です。ほたては霊が見えたり触った人の考えが分ってしまいます。ほたては祖母と暮らしていましたがほたての能力を怖く思った祖母はほたてを親戚に預けました。
ほたてを引き取ったのは山本善次郎です。善次郎は田舎で下宿をしながら暮らしています。善次郎は親戚ではなく、ほたての父親なんです。
善次郎と暮らす事になってほたては転校しました。転校先の学校の担任の岡野めぐに幽霊が見えるといいましたが変な事を言ってはいけないと言われてほたては落ち込みました。
落ち込んだほたてに気付いた善次郎は「ほたての力は人のために使ったらいい」と言ってくれました。
ほたてには善次郎のそばに亡くなった母親の霊を見ました。
ほたては両親の愛に触れ人のために力を使おうと決めました。
ほたては新しい学校でほたての力を知っても怖がらない友達も出来、毎日楽しく暮らしています。そして霊が見えるほたての周りには霊が集まってきます。今日も霊の為にほたては全力で頑張ります!!!

ある日ほたては小さい男の子の霊にあいました。自分のことが見える人に初めて会ったといいました。男の子は「ママにあいたい」と言いました。ほたては善次郎に相談しようと思いました。
すると善次郎にお見合い話を持ってきたおばあさんにほたてが霊を見えるなら「お祓いしてもらったらいい」と言われてしまいました。
おばあさんは親切で言ってくれたのですがほたては…
善次郎も困ってはいないと言いました。ほたての力がないと自分が死んだら皆と話できないから…と言いました。
ほたては男の子の力になりたいと考えました。男の子は「ママが泣いてるからママに会いたい」と言いました。しかしママがどこにいるかわからないと言われてしまいました。ママの顔も知らないと言われてしまいました。そして男の子は自分の名前もわからないと言われてしまいました…何の手がかりもありませんがほたてはママ捜しをする事にしました。男の子に名前がないと言いにくいのでほたてが「ちぃちゃん」と名づけました。(小さいからちいちゃんです)

ほたて一人では心もとないので速水君が手伝ってくれる事になりました
そして授業中は速水君がちいちゃんの事見てくれることになりました。
クラスでは男子が幽霊屋敷の話をしていました。その話では子守唄の話も出てきました。ちいちゃんのママも歌を歌ってくれたそうです。
ほたてはつばさに話を聞きました。場所だけ教えて欲しいと頼みました。同じ日ほたての家の下宿人のまことはやっとテストが終わりました。
テスト終わりなんで皆で飲みに行こうって話になりました。それを仕切ってくれたのは同じクラスの梅ちゃんです。彼女は周りから悩みがないように思われていました。

そして放課後ほたては速水君とちいちゃんと一緒につばさに教えてもらった幽霊屋敷へ向かいました。
ほたてはちいちゃんの母親が居るかも…と考えていました。
そしてお屋敷から一人の女の子が現れました。彼女は「かよ」と名乗りました。ちいちゃんの母親ではありませんでした。しかし彼女は子供が好きみたいでちいちゃんを抱っこしてしまいました。そして家に入る??と誘われてしまいました。母親ではないけれどちいちゃんが抱っこされているのでほたてと速水君は屋敷の中に入っていきました。
ほたてが屋敷に入るのをつばさは見ていました。
つばさは慌ててクラスメイトの由宇希に言いました。由宇希が屋敷に向かいつばさはまた人を捜しに行きました。


屋敷に入ったほたてと速水君はかよちゃん以外人がいないことに気付きました。しかし、かよちゃんは奥様がいるといいます。
かよは家の事は全部すると言い出しました。ほたてがちいちゃんの面倒は自分がみるから…と言いましたがかよちゃんは断りました。
そしてちいちゃんが泣き出してしまいました。ほたてはちいちゃんをかえしてと言いましたが、かよちゃんはちょうだいと言いました。

由宇希が屋敷に到着しました。ほたてのことを連れ出そうとします。ほたてはちいちゃんも連れて行くといいました。その時屋敷の外で一人の老人に会いました。そしてかよちゃんは子守娘だと教えてもらいました。屋敷に残った速水はかよに「よく頑張ったね」と言いました。
かよはその一言で救われました。成仏出来ました。

速水はほたてにちいちゃんの母親は自分が捜すから生きてること一緒にいなよ…と言いました。
ほたては「頑張るから!!!何も出来なかったら自分の意味がない」と言いました。そしてつばさに聞いた善次郎が迎えに来てくれました。
そして見えないほたての友達にも優しい言葉をかけてくれました。
ちいちゃんの母親探しは振り出しに戻ってしまいました。
無事、ちいちゃんのママを見つけることが出来るのでしょうか???

今回もほたてが大活躍します。ほたてはまだ10歳ですがいっぱい傷ついて成長していきます。ほたての周りには優しい人が多いです。ほたてにもこのまま優しい女の子いなって欲しいです。ちいちゃんもめっちゃ可愛いです。

山本善次郎と申します 集英社 槙ようこ1巻~2巻
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。