FC2ブログ
コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。ナツサメです。今日は自分の人生について考えてしまう本
「イキガミ」の新刊4巻読みました。今のナツサメには自分が24時間後に死んでしまう…なんてことは考えられません。でも、もしそーなら
残された時間をあなたならどのように過ごしますか???ナツサメは何をしてもくいが残りそうです。まだまだやりたいことがあります…
イキガミ
20071031211115.jpg


イキガミとは死亡予告書のことです。全国民は小学校入学の時に予防接種を受けます。その予防接種とは「国繁予防接種」といいます。
その注射器には1000本に1本ナノカプセルが混入されています。
そして1000人に1人の若者が18歳から24歳のあらかじめ設定された日時に命を奪われます。
なぜ、そんな予防接種を受けるのかと言うと、死に直面しないと命の尊さは理解されないという理由からです。
そして、亡くなる24時間前にイキガミが届けられます。
4巻には2つの話が入っています。中学教師と主婦の話です。
ナツサメは女なので主婦の話は色々考えさせられました。もし、自分が選ばれたら…色々と準備はしておいたほうがいいかも…と思いました。



「安らかなる場所」

主人公は尚子24歳の主婦です。旦那の竜太は25歳で子供は1人で来年小学生の美奈の3人暮らしです。

尚子と竜太は若くして親になりました。竜太は親の自覚が少し足りないみたいで未だに車にお金をかけて借金まであります。尚子はパートに出て家計を支えていますが、竜太には車で作った借金があります。
尚子が妊娠した時まだ17歳でした。尚子の親は18歳から国繁の年齢になるからもし母親が亡くなったら子供が可愛そうと考えました。大体
出産は25歳を過ぎてからするのが暗黙のルールになっていましたが、2人で力をあわすからと両親を説得しました。
尚子達は尚子の亡くなったおばあちゃんの家に住んでいましたが、借金の取立ての手紙、電話がかかってきます。家を売れと言われ断ると子供の事故に気をつけろと言われてしまいました。

尚子は竜太に「自己破産」を勧めましたが竜太は格好が悪いと聞いてくれません。竜太は家族のことは愛しています。しかし、車は竜太の生きがいなんです。たとえ妻子であっても足を踏み入れて欲しくありません
自分でもダメだとわかっていますが、手放す事は出来ません。
自分らしくいれる場所は車に乗っているときだけなんです…

竜太は美奈のことは可愛いと思っています。美奈とふざけあってコチョコチョをしていました。尚子は美奈は喘息があるからやめてと言いました。そして言ったそばから喘息の発作が出ました。
尚子は慌てて喘息の時に使う吸引機を使いました。それでもまだ美奈は苦しそうです。尚子は竜太に車で病院まで連れて行ってと頼みました。
竜太は「飲んでるし、タクシー使え」と言いました。尚子が運転するから車貸してと言うと「チャイルドシート持ってない」と言いました。
尚子が6歳だからチャイルドシートいらないと言いました。
そして尚子は美奈を抱っこして家から出て行きました。

翌日、美奈は元気になっていました。尚子が作った吸引機のうさぎを竜太に見せました。竜太は「行ってきます」と言いましたが尚子は答えませんでした。
尚子はこれからの事を考えていました。このままでは3人とも沈んでしまう。今なら美奈と2人でやり直せるかも…と考えていました。
美奈だけはちゃんとした生活をさせてあげたい。あの子の幸せは自分が
守ってあげなくては…

そんな事を考えている時尚子あてに訪問客がありました。
訪れたのは区役所の藤本で尚子にイキガミを届けにきました。

尚子は自分が24時間後に亡くなると知りました。

尚子はパートで働いていた先に電話をかけ仕事を辞めると伝えました。
奥さんは色々と聞きましたが尚子は答えませんでした。心配になって竜太に電話してきました。

尚子は頭が真っ白になっていました。イキガミが届いてから8時間たっていました。気になるのは美奈の喘息のことです。まだ小さく喘息のある娘を残して死ねない…借金まみれで車オタクの旦那には任せられない。おろしなさいと言った両親に頼むしかありません。
電話しようと思った時美奈が来年小学生になると思い出したのです。
小学校にあがると予防接種を打たれてしまう…それは1000人に1人だけと美奈に回ってくるかもしれない…

尚子は美奈を日本から連れ出そうと考えていました。

竜太は昼から電話していますが尚子にはつながりませんでした。
イライラしながら家に帰ると車がありません。保育園にも病院にも行っていません。竜太はガソリンが少なかったからガソリンスタンドに寄ってると考え知り合いに車を借りてガソリンスタンドへ行きました。
そしてガソリンスタンドで尚子たちが来たと聞きました。
店員は尚子の事を覚えていました。覚えていた理由は尚子がイキガミを持っていたからです。そこのガソリンスタンドは国繁加盟店なのでイキガミ見せるとお金が要らないからです。

竜太はそこで始めて尚子にイキガミが届いたと知りました。


竜太は改めて国繁に問い合わせて尚子が明日死ぬと知らされました。
そしてガソリンスタンドで2人は海に行くと知りました。
竜太は無理心中するつもりだと考えていました。
竜太は尚子達に追いつく事が出来るのでしょうか…

最後に尚子と竜太は仲直り出来るのでしょうか????


あなたが後24時間後に死ぬとわかったら何をしますか???
愛する人になんと伝えますか???
幼い子供を残して死ぬなんて辛すぎます。


イキガミ 小学館 間瀬元朗1巻~4巻










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。