コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。ナツサメです。今日はとってもかわいい主人公(ヒーロー)の漫画紹介させてもらいます。
ナツサメも本当だったらこんな生活してたのかな…と思う作品でした。
とにかく可愛いです個人的は女の子の方が可愛い格好させられていいかなと思っていましたが、小さいうちは男の子の方が可愛いと言っていたのが納得できました。
男の子方がお子ちゃまで可愛いですね~ナツサメも恋しちゃいそうです(笑)
たっくんに恋してる!
たっくんに


主人公はもちろんたっくん(向田 拓也)4歳です。そしてたっくんのことが大好きなたっくんのママ(向田 早希 24歳)の二人が繰り広げるバカママラブコメディーになります。

早希にはもちろんだんな様(修ちゃん)もいてますが、ふたりはラブラブです。若い夫婦ですし、共働きで子育ては大変ですが、親子3人ほのぼのと生活していました。
早希はこんな暮らしがずっと続くと思っていましたが、転機は突然訪れます。

修ちゃんのNY転勤が決まったのです。
早希は喜びましたが、早希にも仕事があります。不動産鑑定士めざし、もう4年勉強しています。
1年前に2次試験に受かり、事務所で働きながら3次試験に向けて勉強していました。たっくんも修ちゃんも応援してくれます。

早希は修ちゃんもたっくんの大好きです。大好きなたっくんをパパと離れ離れにはしたくないと考えました。そしてNYについていこうと決めました。
しかし、修ちゃんは単身赴任しようと決めました。自分の仕事のせいで早希に遠回りさせたくないと考えたのです。たっくんは今4歳で可愛い盛りです。離れて暮らすのは寂しいので電話やメールはいっぱいしようと約束しました。

そして、修ちゃんは一人NYに旅立っていきました。

今日から早希とたっくんの二人暮しです。

たっくんと買い物に行ったら勝手にママのそばを離れてしまいます。試食もいっぱい食べてしまいました。ママは怒りましたが、たっくんが涙目で「ぼめんなさい」えお言えばバカ親な早希は許してしまいます。そして、仲直りのチューをします。

修ちゃんがいない生活で二人はよくデートしました。早希の夢は大きくなったたっくんともデートすることです。そして、年上の彼女に間違われたいのです(笑)
早希も修ちゃんがいない分たっくんに寂しい思いをさせたくないと必死でした。
たっくんとは毎週末デートが日課になりました。金銭的にも体力的にも大変ですが、今日は水族館に来ました。
たっくんが自分より小さい子に優しくしていました。背が届かなくって水槽に届いていない女の子がいたので抱っこして見せてあげてました。
親バカ早希はもちろん写真に撮ります。修ちゃんにも早速報告したかったのですが、日本とNYには時差があります。だからパソコンの方にメールを送りました。
こんな時に一緒に喜べなかったりすると離れて暮らす寂しさが沸いてきます。そして、修ちゃんはもっと寂しいかも…浮気とかしていないか…そんなときにえつけショーが始まりました。
たっくんの身長では見れません。早希に抱っこを頼みました。近くにパパに抱っこしてもらっている子供がいたのです。
早希は抱っこしましたが、元々背が低いのでそれでもショーは見れませんでした。
たっくんは次に肩車を頼みましたが、早希ではたっくんの体重を支えられません。こんな時はいつも修ちゃんが肩車してくれていました。

たっくんは落ち込んでしまいました。

早希も落ち込んでいました。時差があるのでたっくんとパパはあまり電話が出来ません。仕事も最初は友人に誘われて軽い気持ちで始めたのです。その途中で妊娠して、子供を産んでも諦めるのが悔しくって、2次試験に受かってからはたっくんを保育園に預けて仕事をしていました。
早希は自分は意地で仕事を続けていたのではないか…
たっくんからパパを引き離してしまった…
修ちゃんからたっくんを引き離してしまった…
自分を責めていました。自分が転勤について行かなかったのは間違っていたのでは…

早希はまだ答えを出せていませんでした。たっくんは無邪気な笑顔で「パパの夢を見た」と早希に話してくれました。
たっくんはやっぱり寂しいんじゃないんだろうか…自分は間違っていたんだ…
今日は遊園地に来ました。たっくんは観覧車に乗りたいといいました。前に3人で来て3人で乗っていたのです。そして、早希はたっくんが行きたいという場所はパパと来たことがある場所だったのです。



たっくんはパパを追い求めている…

早希は修ちゃんに電話しました。離れて暮らす自信が無くなってしまいました。
実は修ちゃんもたっくんの事が心配で出発前に男同士で話し合っていました。

「パパと離れて暮らしても拓也は男だから大丈夫だよな??」と聞いたら「ママがさみしくないように、たっくんがんばる!!」と言っていたのです。
まだ4歳なのに…きっと寂しいのに…ママの心配をしていたのです。

たっくんはママが寂しくないように思い出の場所に連れ出してくれていたのです…
守られていたのはママの方だったのです。

そして、いきなり電話中にたっくんにチューされました。1番上についたのです。ラブラブだとチューするんでしょ~とたっくんは笑いました。
そして、その話を聞いてたパパは笑いました。前は3人でチューしたんです。
今回は電話越しにチューしました。

離れてても私たちは一緒にいる!!!早希はパワーをもらいました。
これからも早希とたっくんはラブラブです。たっくんには困ったことも多いですが、どれも可愛くって許せてしまいます。子育てって大変だと思いますが、それ以上に喜びも大きいんだろうなと思える作品でした。たっくんの困った癖とは???早希にライバル出現???
感動あり笑いありで楽しい作品でした。子供ってすごいですね

落ち込んだママを元気に出来るのはたっくんです。たっくんがいるだけで、笑ってくれるだけで早希は元気が出ます。

これからもラブラブな二人を見守っていきたいと思える作品でした。




たっくんに恋してる! 講談社 森尾理奈 1巻~3巻
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。