コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ~皆さんいかがお過ごしですか??ナツサメはせっかくの日曜日なのに予定がありませんでした…寂しくはありません。普段よりゆっくり起きてダラダラすごして、テレビ見ながら漫画読んで幸せでした今日はこの前、映画化なんや~読んでみよう!!!って軽い気持ちで読んでみたら、やっぱ打ち込めるものあるっていいじゃん!!!って思える作品だったので紹介させてもらいます。
うた魂♪
うた魂


「合唱なめてんじゃねぇぞこの野郎~」

この台詞が大事なキーワードになります。合唱ってナツサメ真剣にやったことはありませんでした。でもなめている訳ではないです。先に謝っておきます。
可愛い夏帆ちゃん&おっさんやのに学ランきて高校生役って大丈夫なんですか??ゴリさんって思いましたが、漫画読んだら違和感無かったです(笑)


主人公は荻野 かすみ高校2年生です。彼女は合唱部に所属しています。自分の事が大好きな女の子です。合唱なんでたくさんのチームメートと一緒に歌っていますが、観客は「あのソプラノの子可愛いよね。アイドル並みに可愛いし」っていってくれます。
確かに可愛いです。でも自分のことを評価しすぎです!!!!早く言えばナルシストですね~
自分大好きなんです。歌っている自分が大好きなんです。


そんな、かすみですが、気になる男子ももちろんいてます。同じ学校で同い年の牧村君です。
かすみは歌っている自分と同じくらい牧村君が好きなんです。
牧村君は写真部の男子で、合唱部が出た合唱まつりの写真を撮っていました。もちろんかすみにもくれました。
そして、牧村か放課後屋上に呼び出されました。 屋上だし、放課後だし、呼び出しだし、かすみは牧村が自分に告白すると思っています。
牧村君は数々の写真コンクールで入賞の経験があります。写真部のエースです。授業で鮭の産卵を見ました。皆は鮭の顔がキモイと言いましたが、牧村はそんなこと言いません。校内でも一目置かれる存在なのです。
だって彼は芸術家なんです!!!皆と少し感性が違うのかも知れません…

一方かすみは、容姿端麗で合唱部1の歌唱力の持ち主だと思っています。後輩が質問にきても「あたしみたいに歌えば大丈夫」と答えます。
自分では2人はお似合いだと思っています。神様の祝福に満ちた二人なんです。惹かれあうのは当然のことなんです(笑)


放課後、かすみが屋上に行くと牧村は先に行って待っていました。告白されたら笑顔で「うん」って言おうと思っていましたが、牧村は告白ではなく「写真のモデルになって欲しい」と言いました。
合唱部で皆の写真は撮っていましたが、かすみオンリーの写真がとりたいとの事でした。かすみはがっかりしましたが、歌っている自分を撮りたいと言ってくれたのです。

歌っている自分=美しいもの =美への賛美=自分への愛情表現
やっぱり牧村は自分の事が好きなんだとかすみのテンションは上がりました。

そんな二人を冷めた目で見てる一人の少女がいます。写真部のレナです。レナはかすみの自意識過剰なところが嫌いです。


1学期の終業式で合唱部は全校生徒の前で歌を披露しました。男子はやっぱりかすみは可愛いと言っています。そんな男子にレナは言います。「私はうまいより気持ち悪く見える」皆同じ表情だし、しかも大げさ。美人でも大口開けたら台無しとまで言われました。そして最後に「合唱ってカッコワルイ、絶対やりたくない」とまで言われてしまいました。
そして、放課後今日撮った自分の写真をもらいました。
そして、その写真見て驚きました!!!!歌っているときの自分の顔が……
1枚の写真を指差して「産卵中の鮭みたいでユーモラス」と言われてしまいました。牧村は歌ってるかすみの面白い写真が撮りたかったんです。かすみはショックを受けました。
そして、こんな写真誰にも見られたくないと思いましたが、校内新聞にドアップで掲載されてしまいました。
皆はその写真見て笑っていました。牧野君はそんなにかすみが嫌がると思っていなかったのです。
かすみに謝りましたが、かすみは牧野君を殴ってしまいました。


それからは練習にも力が入りません。そして、レナに正直いってあんたの歌ってる顔へんって言われました。ひどいとかすみは言いましたが、「あんた見てるとムカツクのよ。最低のカンチガイ女」って言われました。自分は牧村と富良野に合宿に行くと自慢されました。「夏休みは部活??それとも川にさかのぼる??」と嫌味を言われました。

かすみは練習をサボってしまいました。先生にも合唱部を辞めたいといいました…
先生は無理にやることは無いと言いましたが、最後に歌っている姿が見たいからと、明日の発表会だけは一緒に出よう…と誘ってくれました。

かすみは最後に発表会に出ることにしました。練習も出ないで発表会だけでるかすみに後輩も不安が募っています。かすみは後輩の質問にも答えないし、後輩の名前もきちんと覚えていないのです。

発表会には出ましたが、客席にレナと牧野君を見つけたかすみはほとんど歌えませんでした。
そんなかすみの態度に同級生は怒ってきます。もうすぐ地区予選も始まるのにいきなり合唱をやめるって言いました。だって歌ってる顔が鮭みたいって言われたから辞めると言いました。
かすみたちがもめているとレナと牧野君が来ました。もう二度と歌いたくない…とかすみは逃げました



でもそんなかすみをもう一度合唱部に戻す重要な人物に出会います。同じ発表会に出ている湯の川学院高校の合唱部の部長の権藤 洋との出会いです。
目は怖い集団でした。でも合唱はすごかったです。野蛮な歌い方でしたが、心に響く歌でした。

かすみは権藤に感想を伝えました。そして、合唱に大事なものの話をしました。そして権藤はかすみに言うのです。「合唱なめてんじゃねぇぞ この野郎~」
ビビリながら歌う歌に意味は無い!!!と権藤に言われてしまいました。今の自分の悩みを権藤に相談しました。そしたら、権藤が合唱を始めるきっかけをかすみに話してくれました。

かすみは権藤にあってかわっていきます。やっぱり歌うことが大好きなんです。もう一度合唱をすることにしました。
でも、一度辞めるといって練習をずる休みしていたかすみを部員たちはすんなり受け入れてくれません。みんなのかすみへの不満が爆発しました!!!それでもかすみは合唱部に戻りました。
もう、レナにも負けません。かすみには目標が出来たのです。コンクールに向けて頑張ります!!!


部員たちはもう一度かすみを受け入れてくれるのか??コンクールではどちらが勝つのか???
牧村君とは仲直りできるのか????

ぜひ、気になる人は読んでみてください。ナツサメは正直合唱って地味だなと思ってましたが、そうじゃないんですね~人に感動を与えられるって素敵なことですね


うた魂♪ 講談社 原作:栗原裕光 与田みゆき

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
うた魂うた魂♪ うた魂 「合唱なめてんじゃねぇぞこの野郎〜」 この台詞が大事なキーワードになります。合唱ってナツサメ真剣にやったことはありませんでした。でもなめている訳ではないです。先に謝っておきます。 可愛い夏帆ちゃん&おっさんやのに学ランきて ......
2008/04/20(Sun) 22:04:03 |  ギョーザ事件  混入  冷凍ギョーザ  皮  食  安全  解決  日本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。