コミックバスターにて続々取り扱い増加中のコンテンツ!旬の人気コミック!ゲーム、DVDなどなど!オススメ大特集!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。ナツサメです。今日はドラマ化されてまた映画化された作品を紹介させてもらいます!!!いまさらナツサメが紹介しなくても知ってる人は多いと思ったんですが、ファイナルって事なんで紹介させてもらいます。
もう、終わったと思っていたんですが、新刊が出ました~めっちゃ嬉しいです!!!!!

2004年に36巻発売なんで4年ぶりの新刊です。
皆さんはどのキャラクターが好きですか????ナツサメはもちろん道明寺です(笑)
花沢類が好きな人も多いと思いますが、ナツサメはずっと道明寺一筋です(笑)

花より男子 37
花男子37


では、軽くあらすじを紹介させてもらいます。
主人公は牧野 つくし普通より少し貧乏な女の子!!!
一般庶民なのにお坊ちゃま、お嬢様が通う超お金持ち学校に通っています。もちろん、学校では浮いています。最初は学園を牛耳るF4のいじめのターゲットにされてしまいますが、堂々と渡り歩いてるうちにF4のリーダー道明寺 司はつくしに惚れてしまいます。
道明寺はお金持ち学校の中でもかなりのお金持ちでみんなは道明寺に逆らえません!!!
女性でも子供でも容赦はありません。最初はとっても怖くて危ない人でした。でも、つくしと出会って道明寺はかわっていきます!!!
そしてF4のほかのメンバー花沢 類いつでもつくしの味方でした。最初つくしは花沢類が好きでした。でも、類には好きな人がいてて、つくしのことが好きになりましたが、司との仲を見守ることにしました。
西門 総二郎遊び人でしたが、つくしの親友優紀と出会って自分の本当の気持ちと向き合えることが出来ました。
美作あきらF4の影のリーダーだと思っています(笑)彼がいてるからキャラの濃いF4もまとまっていけると思います。
海外を飛び回る父親に変わり母親や妹も面倒を見ているうちに自然と面倒見が良くなったのかも知れません。
最初はつくしは道明寺の事をなんとも思っていませんでしたが、道明寺のまっすぐな態度にいつの間にはつくしも道明寺が好きになっていました。
無事、両思いになったからって平穏な生活は二人にはありません。
まずは、身分が違いすぎます。特に、道明寺母は大反対です!!!つくしは道明寺家でメイドとして働いたり、道明寺は家を出て一人暮らし始めたり、記憶喪失になったりとさまざまな事件を乗り越えて二人の絆は深くなっていきます。
そんな中、道明寺父が倒れてしまいます!!!そして、卒業と同時に道明寺はNYに行くことになりました。

「4年後必ず迎えに来るから」と約束して道明寺は旅立っていきました。
家では再び父親が失業して生活は苦しいけど今日もつくしはけなげに頑張っています!!!!


それでは、37巻スタートです!!!!!!!

つくしは今フランスにいます。なぜ、フランスにいるのかと言うと静さんの結婚式に招待されたからです。道明寺がNYに旅立って1年たっていました。その間道明寺はNYで忙しくつくしも就職活動で忙しくって2人は会えていませんでした。
日本とNYでは14時間の時差があるので連絡もあまり取れていませんでした。
道明寺がいなくなって寂しいつくしの気持ちを癒してくれたのは類でした。
この日も類はつくしの家に遊びに来てました。トランプして一緒にご飯を食べていました。
そんな時道明寺から貰ったテレビ電話が鳴りました。つくしはさすがに類が写ったら悪いと思い類に離れてもらいましたが、道明寺が静さんの結婚の話をしたので類は思い出しました。
そして、会話に入ってきてしまいました。
そして、類をみて道明寺は怒ってしまいました!!!説明しようとして引っ張ったらコンセントが抜けてしまいました(><)最悪のタイミングです…
類は帰るといいました。つくしはコンセントさそうとしています。すると今度は携帯が鳴りました。
類がマフラーを忘れて帰ったのです。つくしは類だと思って電話に出たら道明寺でした…
しかも、類って言ってるのもばれてしまいました。

「俺が一人で4年間頑張ろうとしてるのに何やってんの?」と怒りました。そして、電話は切られてしまいました。かけ直しましたが、繋がりません…

つくし達はしずかの結婚式に出席するためにフランスまで着ました。道明寺はわかりません。
つくしは写真を撮りすぎてフィルムが足りなくなりました。一人でホテルに向かっているときに何者かに襲われてしまいました…

お腹を殴られてつくしは気絶してしまいました。気がついたらナイフをもった男が立っていました。
殺されると思った瞬間、相手が吹っ飛びました。
道明寺が助けに来てくれたんです。1年ぶりに再会なのに怒られてしまいました。
「なにやってんだ、バカ女」1年ぶりの再会なのに…
道明寺は心配かけるなと怒鳴りました。つくしは誤りました…
1年ぶりに再会した道明寺は相変わらず日本語に弱かったです。ちっとも変わっていませんでした…
つくしは笑ってしまいました。式はもう始まっているので入るのをためらっているつくしを道明寺は地下に招待しました。
フランスの教会は地下にもチャペルがあります。
道明寺が誓っとくかと言い出しました「俺は牧野つくしにめちゃくちゃ惚れてる」と言いました。
道明寺はいつもまっすぐ自分の思いをつくしに伝えてくれます。つくしも伝えなくてはと思いました。
「こんなに寂しいと思わなかった。1日1日が長くて世界中の時計を早く回したいくらい」と言いました。

ずっと大好きだから…つくしは思っていました。つくしの胸元には道明寺から貰った土星のネックレスがあります。
それは何度手放してもつくしの元に戻ってきました。
きっとふたりはこんな感じで離れても戻ってしまうんですね…

でも天井が繋がっていて2人のやりとりはみんなに見られていました。
そして、道明寺は就職を辞めて大学に行けと言い出しました。つくしが就職した会社は道明寺に買収されていました。そして、大学の授業料も振り込まれていました!!!!!
道明寺がつくしを自分の目の届くところに置いておきたかったのです。

そして、また日常が始まります。つくしは後3年間日本で道明寺の事を待ちます!!!大学に通いながら…


静の結婚編の他に類の話もあります。これで終わりだと思うと本当に寂しいです!!!
ぜひ、類編はご自分で読んでみてください。
類にも幸せになってほしいって思う作品でした。
でも、ナツサメはやっぱり道明寺が1番好きです。好きな女のためにあそこまで出来る道明寺って素敵だと思います。あんなふうに何もかも捨ててもいいと思える恋ってしてみたいです





花より男子 集英社 神尾葉子 1巻~37巻 完
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。